仮面をつけた女性

スキンケアの仕方が原因

花を持つ女性

間違ったスキンケアによって自ら乾燥肌にしてしまうケースが増えています。一番影響が大きいのがクレンジングです。なるべくこすらないでメイクを落とす工夫が必要です。顔全体に塗らないでパーツごとに丁寧にメイクを落とします。化粧品を選ぶ時は刺激のないもので、アルコールや香料などの含まれないものが適しています。

»詳しく見る

トラブル回避と特徴

洗顔中の女性

乾燥肌の人の特徴として、乾燥を防ぐために角質が厚くなり、ゴワゴワしているという事が挙げられます。また、化粧品がなかなかなじまないのも特徴です。化粧品購入の際は成分をチェックし、刺激になる可能性のあるものは避けましょう。

»詳しく見る

スキンケア対策

女性

乾燥肌とは肌に水分と油分が少ない状態のことを言います。そのため、乳液とクリームを使うことで補給しましょう。また、セラミドなどの保湿成分が配合された美容液もおすすめの化粧品です。これら以外ではワセリンを顔全体に塗ると蒸発防止効果があって有効です。

»詳しく見る

空気の乾燥と肌の状態

おススメ品を紹介しています。乾燥肌は化粧品の保湿成分によって改善可能です。目元や口元も潤ってシワが改善されますよ!

エアコンと肌の状態の特徴

洗顔中の女性

この最近は異常気象と呼ばれる気候が多くなり、エアコン無しではほぼ暮らせないほどの夏の暑さが当たり前になっています。冬の暖房もエアコンに頼る人も多くなり、一年中オフィスや店舗のエアコン下で、空気が乾燥した中にずっといるという人も増えています。そのため、乾燥肌の人は以前より増えている傾向にあります。乾燥肌は気候だけでなく、食生活や使っている化粧品の質なども原因になります。もちろん個人差や生まれつきの特徴もあります。現在は保湿ができる乾燥肌や、余計な成分が入っていない敏感肌向けの化粧品の人気は高くなっています。また、表面は脂っぽいのに肌の内部が乾燥しているインナードライというタイプの乾燥肌も存在します。

使い方で差が出る場合

乾燥肌の人のための化粧品は、スキンケア商品もメイクアップ化粧品も、保湿を特に重点的に力を入れているものが多くあります。化粧品は使い方によって、効果を発揮できるかに差が出ます。間違った使い方をすると無駄になってしまうこともあります。例えば、化粧水は時間をかけてゆっくり肌に水分を浸透させることが重要で、出来れば3分はかけるべきと言われています。浸透していないのに次のステップに移ると、肌の表面に残った水分が乾燥してしまい、逆に乾燥肌を酷くすることにさえなってしまいます。どんなにいい成分が配合された化粧品でも、本末転倒になってしまいます。今一度、自分が正しい化粧品の使い方をしているか確認してみましょう。